2011年07月27日

【 い〜とんのテニス日記 】



TTP集メモ(徹底的にパクル→自分のものになる)


【 日本一 って 】



日本で一番高い山   富士山 3,776M
「日本一」ということが、いかに大事かということを教わりました

頂上に立った瞬間
「日本で一番の山を登りきった」
「日本で一番高いところに立っている」という実感

これが日本で二番の山だったらまた感じ方が違うのであろう
ちなみに日本で二番目に高い山は…
山梨県にある「北岳」、標高3192m
二番は2番の良さがあると思います

でも師匠は「一番」という響きが好きで大切にされている
「日本一の選手」
「日本一のコーチ」
目指したいね(コーチは選手であれという言葉が浸透しているクラブ)
でもまだまだ遠い

でも 「日本一 朝から元気な選手」
   「日本一 情熱を持っているコーチ」
   「日本一の挨拶ができるコーチ」
今すぐにでもできることはいっぱいあります。

「誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる」
そこから「日本一」は始まると思います。
また、日本一になりたいと思ったときから、日本一になり始めているのだと

一度しかない人生
「日本一」目指して頑張りますよ!


っていう日本一のコーチからテニスを教わっています

最高ですねグッド(上向き矢印)


先ず、自分に出来ること
「日本一のコーチからテニスを教えて頂けることに感謝出来る選手」
「日本一 ボール拾いを楽しく、感謝しながら集めることが出来る選手」
「日本一 道具を大切にする選手」
「日本一 おもしろくて しかもテニスが出来る選手」

仲良しクラブではない、「最強」選手を目指しているのではない、「最高」の選手を目指している

一度しかない人生、だったら目指すしかないでしょう

ワンモアプッシュexclamation×2




posted by WIN-MEMBERS at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
とある有名幼稚園の課外授業では富士山登山をするらしいです。たった5才の子供達が日本一の山を登ったという達成感は大人になってもいい成功体験になるそうです。い〜とんも日本一、いえ世界一のおっちゃんを目指してください。
Posted by ひこにゃ〜 at 2011年07月27日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46982480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック